竹炭窯の製造販売、健康生活竹炭館。竹炭・竹酢液の作り方。三重県四日市市

炭焼き初心者でも安心な竹炭窯 健康生活竹炭館
トップページ 竹炭窯の販売 設置事例 竹炭の効用 お問合せ 竹炭館について サイトマップ
かぐや姫設置事例
四日市市 服部様 に導入して頂きました
四日市市の服部さん   私もかぐや姫で竹炭を焼いています。

服部さんの竹炭窯との出会いや、体験談、
炭焼き生活などをインタビュー形式で紹介します。

 服部さんインタビュー>>   
(四日市市の服部さん:自営業)

【省スペースでらくらく設置! ~こんなに簡単!かぐや姫設置のご紹介~
ここでは簡易竹炭窯<かぐや姫>を導入された服部様のご協力を得て、竹炭窯の設置から、初焼きまでの流れを、エピソードも交えて簡単にご紹介させていただきます。

 ■竹炭窯の設置
設置写真1 設置写真2 設置写真3
竹林の中に竹炭窯用の小屋を作成。竹炭用の竹を割って準備。   約165kgの窯を置く土台はブロックでしっかりと固定。   その上に竹炭窯『かぐや姫』を導入します。
設置写真4 設置写真5 設置写真6
竹炭窯の蓋を付属の金具でしっかりと留めます。   断熱材として砂を使用するため、窯の周りを付属の板と支柱で固定。   薪を炊く部分も断熱のため砂で囲みます。
設置写真7 設置写真8 設置写真9
窯とのスペースに隙間ができないようしっかりと断熱材の砂を入れます。   蓋を開け、切り出し割った竹材を入れます。   竹材はイブシから焼きますので、乾燥不要です。
設置写真10 設置写真11
竹材を入れた後、蓋の上にも断熱材の砂を置きます。   煙突を設置し、竹炭窯の設置が完了しました。

 ■竹炭の初焼き~2回目
炭焼き写真1 炭焼き写真2 炭焼き写真3
竹炭窯の取り扱いには十分に注意しましょう。   竹材の火入れから二日後、窯を閉じます。   数日後、充分冷えてから断熱材の砂を取り除きます。水を撒くとホコリ立ちが少なくなります。
炭焼き写真4 炭焼き写真5 炭焼き写真6
丁寧に砂を取り除きます。 蓋の金具を外します。さて、窯の中はどうなっているでしょうか。
初めての竹炭が出来ました!!
炭焼き写真7 炭焼き写真8
まずまずの出来映え・・・? 出来はまずまずですが、次はもっと良い竹炭を作ります。

炭焼き写真9 炭焼き写真10 炭焼き写真11
前回の反省点をふまえて、再度竹炭を焼きます。 じっくりと炭化させ、三日後に蓋を開けました。 今回は良く炭化しました!
炭焼き写真12 炭焼き写真13 炭焼き写真14
簡易竹炭窯<かぐや姫>からは竹酢液も回収できます。 窯の中の竹炭の様子をチェックします。 導通性をチェックするため、何本かピックアップ。
炭焼き写真15 炭焼き写真16 炭焼き写真17
テスターにてチェック。
今はまだ針は動いていませんが・・・
竹炭に触れると、テスターの針が反応します。導通性OKです。 さらにこちらは針がめいっぱい振りきりました。マイナスイオンが働きます。
竹炭窯について、さらに詳しくはこちらへお問合せください>

~エピソード 『竹炭窯・火入れ式の模様』です~
エピソード写真1 エピソード写真2 エピソード写真3
冬でしたが、風もなく暖かな日でした。 竹炭窯の前にたくさんの御供えをして火入れ式の開始です。 関係者ともども、神主さんに御払いをしていただきました。
エピソード写真4 エピソード写真5 エピソード写真6
初めての火入れです。少し緊張気味でしょうか・・・。 事故無きよう、お祈りをしていただいています。 神主さん、関係者みなさん、お疲れ様でした。ありがとうございました。
このページの先頭へ戻る
トップページ